確かな技術、高品質の製品を提供します。

創業以来システムキッチン扉をはじめとして住宅内装部材の生産会社への派遣業務を通して、その木工・塗装生産業務全般に亘り主要人材の業務を担ってまいりました。その間に、木工・塗装技能のみならず、工場の生産管理・人員教育・資材調達等工場運営全般を習得させて頂き、生産改善・品質向上にも取り組んで参りました。
2011年に自社工場としてキッチン扉生産事業を開始し、20年以上に及ぶ扉事業の技術資産を活かし、日々変化するお客様の様々な要望に迅速に応えるべく取り組んでおります。

 

フォレストのこだわり

フォレストでは、経験のある職人の目による感応的な判断に加えて、過去の経験則に頼らない、機械での判断も取り入れることで取引先様からの評価をいただいております。
例えば、塗料の入荷時には、その都度社内にて色差計を使用してしっかりと確認し、合格品のみを塗料庫に入庫するよう徹底しております。
当たり前の事としてされてきたような事でも、常に問題意識を持って取り組むことでお客様からの信頼を得られるよう努めております。

 

塗装製造工程

エナメルUV塗装

― 加工・下塗り ―


↑基材を引き前のサイズ・形状に加工していきます。


↑2回×2回の計4回重ね塗りをします。層が厚いほど平滑性が増します。
細かい形状の部分も丁寧に塗布していきます。

ー 乾燥〜研磨 ー


乾燥
年間を通して温度管理された乾燥室に移して数時間乾燥させます。


研磨
表面、裏面それぞれに研磨→塗装→乾燥の工程を丁寧に行います。
平面部分、小口部分も手作業で磨いて、表面を平滑に整えます。

ー 着色+クリアー(中塗り) ー


3回重ね塗りをします。最後にウレタンクリアを塗ることで色が落ち着き、高級扉ならではの特徴がでます。

ー 研磨 ー


前工程で塗ったウレタンクリアを研磨することで、顔料比重の違いにより発生する色のばらつきをなくします。

ー UVクリア塗装 ー

UVを照射しているところ

UVは直視することはできませんので
この窓から確認します。


クリアを塗った状態でUV(紫外線)ライトで紫外線を照射します。ほんの短時間で塗料を硬化させることができます。
クリアが硬化することでさらにツヤを出すことができます。

ー バフ研磨 ー

小さめの扉の研磨作業。
柔らかい綿と硬めの綿で研磨します。

大きめのエンドパネルなどの研磨作業。
コンパウンドを塗布してさらに研磨していきます。


ー 最終検品〜出荷 ー


不良品の流出を防ぐため、熟練の作業員の目で最終的な全数検品作業をします。


梱包にも細心の注意を払い、輸送中の傷などが発生しないように梱包専門の作業員が心を込めて梱包します。

主要設備

サイザー 空調給排気型水洗ブース1
 プロフィール面取りサンダー  空調給排気型水洗ブース2
エッジパンダー UV照射乾燥機
組立プレス クリーンルームブース
NCルーター 空調温湿度管理装置
NCボール テーブルバフ機
熱転写真空プレス機 三連バフ機
空調給排気型ベンチュリーブース1  
空調給排気型ベンチュリーブース2  
空調給排気型ベンチュリーブース3